fc2ブログ
Top Page › 保険商品診断 › 【ダメ共済】こくみん共済「総合保障タイプ」を徹底評価

【ダメ共済】こくみん共済「総合保障タイプ」を徹底評価

2022-02-26 (Sat) 21:41

 こくみん共済(全労済)の販売する「総合保障タイプ」は、死亡と障害、入院保障を備える共済です。病気保障よりも事故保障に偏っており、これで総合を名乗るのはちょっと疑問ではありますが、そんな共済商品です。

 珍しく重度障害が継続した場合の保障があり、これは大きなメリットだと考えますが、その他の保障で魅力を大きく損なっています。また、一部の人にとっては掛金に比べて保障が大きくなるため有利ですが、大多数の人にとっては割に合わない保障となります。

 それでは、「総合タイプ」のメリットやデメリットを見ていきながら、徹底的に評価していきます。


◆こくみん共済「総合タイプ」


 加入可能年齢:18~59歳(保障減なら最長85歳)
 共済型:更新型
 月額掛金:1800円
 死亡・重度障害:400~1200万円
 重度障害継続:400万円
 事故身体障害:16~540万
 入院:日額2000~5000円(180日まで)
 交通事故通院:日額1000円(90日まで)
 払戻金:240円(2020年度実績)

◆メリット:重度障害継続保障


 こくみん共済「総合タイプ」唯一のメリットが重度障害が継続した場合の400万円に上る保障です。私は、死亡保障よりも重度障害のほうが大きければいいなと常々思っていました。例えば寝たきりのような状態になった場合、障害年金と重度障害共済金で生活するということは、不安だからです。

 死亡の場合は、遺族年金と死亡保障に加えて、配偶者は自由の身ですから働くこともできます。しかし、寝たきりとなってしまうと、自分で収入を得ることも困難ですし、配偶者もフルタイムで働くことは困難になりかねません。そんな状況で得られる収入が障害年金と重度障害共済金だけでは、不安なのです。

 ですから、死亡時は400万円だけど、重度障害時には計800万円がもらえる設計には、大変好感が持てます。


◆デメリット:若者に損、入院保障、事故保障


 まず、一律掛金であるため、若者よりも病気リスクが高い50代の人にとっては大変素晴らしい仕組みではありますが、若者にとっては最悪な仕組みですので、好ましいとは思いません。60歳になったら保障がガクッと落ちるというのに、1歳しか違わない59歳と18歳が同じ掛金で同じ保障を得るなんてありえません。

 また、入院保障は、長期入院に全く備えられていないため、必要性に疑問です。ただ、長期入院するような事態であれば、重度障害継続保障でカバーできるとも考えられるため、強く反対するものではありません。しかし、病気の場合で日額2000円という少額保障であること、短期入院であれば貯蓄で十分対応可能なことを踏まえると、この保障自体不要だと考えます。

 最後に、事故保障です。「総合タイプ」では、病気、不慮の事故、交通事故というような区別があり、保障額が異なります。病気と事故を区別する意味が私には分かりません。事故の方が損害が大きいなら納得できますが、むしろ、事故であれば相手がいて相手から賠償してもらえる可能性があるので、病気よりも事故のほうが保障が多少は少なくてもよいとすら思います。

 しかも、65歳未満の障害者手帳所持者に行った調査によれば、障害の原因が「事故・けが」や「災害」と答えた者は合計で7.6%しかいませんが、「病気」と答えた者は36.4%に上ります。また、20歳以上60歳未満の死亡者総数のうち不慮の事故で亡くなった者は4.6%ですし、交通事故に限ればたったの1.4%です。さらに、20歳以上60歳未満の入院した患者のうち外因の影響による骨折や臓器損傷が原因だった者も8.4%しかいません。

 結局、こうした事故保障に実質的な意義はなく、必要な掛金の割には高額な保障を掲げることができることに着目し、事故保障をアドバルーンのように上げ、共済全体の見栄えをよくしている意味しかないと考えます。


◆まとめ


 こくみん共済「総合タイプ」を見てきましたが、この共済に加入することが理にかなう人というのは50歳代の人だけだと考えます。ですから、若者には違う選択をしてもらいたいと思います。

 この共済の実質掛金は、割り戻し金を踏まえれば1600円程度です。また、この共済で意味のある保障は病気死亡・重度障害400万円と重度障害継続保障400万円だけです。30歳の男性であれば、60歳までの死亡・高度障害800万円が例えばライフネット生命で1700円程度で買えます。共済の重度障害と保険の高度障害でやや保障範囲が異なりますが、私なら迷わずライフネットを選択します。



参考:こくみん共済HP「割り戻し金一覧 こくみん共済のタイプ別割り戻し金(2020年度)」、厚労省「平成28年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査) 第30表障害者手帳所持者等、障害の原因(複数回答)別」、厚労省「2020年人口動態調査 死因(死因年次推移分類)別にみた性・年齢(5歳階級)・年次別死亡数及び死亡率(人口10万対)」、厚労省「平成29年患者調査 閲覧第43表 推計退院患者数,性・年齢階級×傷病大分類×病院-一般診療所別」
スポンサーサイト



Last Modified : 2022-02-26

Comments







非公開コメント