fc2ブログ
Top Page › 医療保険 › 医療保険に入るなら › 【注意】平均入院日数の正しい捉え方

【注意】平均入院日数の正しい捉え方

2022-01-21 (Fri) 20:07
 平均入院日数は、あくまで「平均」なのです。全年齢の平均が1か月足らずでも、私たちはやがて高齢者になります。高齢になれば全年齢の平均の数字なんてものは役に立ちません。高齢者には高齢者の平均があります。

 また、終末期医療まで平均に含めて考えてしまってよいのでしょうか。日本では多くの方が病院で亡くなります。亡くなるまでの入院日数が、全年齢のあらゆる入院を含んだ平均である1か月足らずの入院日数で済むとお思いですか。

 以下、平均入院日数は正しく捉え、医療保険の入院保障日数を60日にするか120日にするかという悩みの解消につながるように説明していきます。


◆年齢別の平均入院日数、転院率

5 - コピー - コピー - コピー (3) - コピー

 私が言いたいことは、全てこの表に詰まっています。平均入院日数が29日だから医療保険の入院日数は60日型でいいとよく聞きますが、それはおかしいと言わざるを得ません。歳を重ねるごとに私たちの平均的な入院日数は延びていくのです。どの年代でも過半数の患者が60日以内に退院できるのは事実です。しかし、高齢になるにつれて2か月以上、1年以上入院してしまう患者は増加していくのです。こうなると、60日型の一般的な医療保険では全く歯が立ちません。

 更に問題を深くさせるのが転院です。平均入院日数では、他の病院で入院するために転院した患者が「退院」と扱われています。転院する患者の平均入院日数が比較的長いのも危険ですが、転院先でまた平均入院日数ぐらい入院するなら、これは医療保険では長めの保障日数を確保しておくべき十分な理由になります。そして、転院する割合も高齢者のほうが多いのです。

 転院に加え、一時退院という問題もあります。一時的に家庭に帰らせてもらっただけで、またすぐに入院しなければならない患者です。こうした患者の数は把握できませんでしたが、転院割合と同程度であろうという推測は可能です。

 こうした転院や一時退院があっても、その都度医療保険も入院保障日数をゼロから算定し直してくれれば問題ないかもしれません。しかし、医療保険では、半年程度のインターバルを置かない退院は通算する扱いなので、やはり長めの保障日数を確保しておかねばならないのです。


◆平均入院日数の短期化は?


 そうは言っても、調査のたびに平均入院日数が短期化していることは事実です。だから、今後の短期化をも見据え、最低限の保障日数を抑えておけばよいと考えることも可能です。

 平成11年の全年齢の平均入院日数は39日でしたが、最新の平成29年には29日にまで短期化しています。75歳以上は67日から44日に、90歳以上は125日から67日に短縮されています。しかし、入院中に永眠される方は143日から149日に微増しています。終末期医療の入院の短期化はうまくいっていないようです。また、全年齢の転院割合を見てみると、平成11年に4%だったものが、平成29年には6%に悪化しています。

 以上のように、全体的に平均入院日数が減少してはいるものの、終末期医療の入院短期化には成功しておらず、転院する確率も上昇していることが分かります。長期入院患者の中には、医療保険では保障されないいわゆる社会的入院の患者も一定数含まれるでしょうし、今後も入院日数は減少してはいくでしょうが、少なくとも60日型で安心だとは言い切れないでしょう。政府が将来的に入院ではなく在宅医療を増やそうとしているという医療保険における別の問題もあるものの、現段階において医療保険の保障日数を短くして節約したほういいとは思いません。


◆医療保険の保障日数は何日を選べばよいか


 では、医療保険の保障日数は、60日型120型などがありますが、何日型を選べばよいのでしょうか。あまりよい答えではありませんが、私はなるべく長いものをおすすめします。少なくとも平均入院日数の誤解は解けたと思うので、60日型で安全、安心とは思っていないでしょうから、もっと長いものを選んでいただければと思います。120型でも3大疾病入院無制限でも、保険料はあまり増えません。そこはケチる場所ではないと分かっていただければ十分です。

 最近では365日型はおろか180日型すら全然見かけなくなってきて、長期入院に備える医療保険は減少傾向です。保険会社としては、短ければ短いほど不確定要素が減るので好ましいのでしょうけれども、個人的には残念でなりません。

 これからも入院期間は減少していきますので、無理に180日型や365日型を探す必要は高いとは思いません。だからせめて、いいなと思った医療保険があったなら、入院保障日数を増やす特約を検討してくださればいいなと思います。

 なお、勧めるわけでは決してありませんが、メットライフ生命やソニー生命、チューリッヒ生命の医療保険には365日型以上で設計できるものがあります。


参考:厚労省「平成29年患者調査」「平成11年患者調査」。なお、「入院中の永眠」については、退院後の行き先が「その他(死亡・不明等)」になっているもの。
スポンサーサイト



Last Modified : 2022-01-21

Comments







非公開コメント
No Subject
こんばんは。

この記事の年齢別の平均入院日数、転院率の表ですが、元となるデータがどこにあるか教えて頂けないでしょうか?
厚労省「平成29年患者調査」を見ているのですが見つけらないものでして。
よろしくお願いいたします。
2022-05-16-18:51 AKI
[ 返信 ]
ぴよすけ
Re: No Subject
管理人です。

AKI様、コメントありがとうございます。お尋ねについては、以下のe-statの各種年齢別の統計を組み合わせたものとなっております。幾つかにわたるので、個別にお示ししにくいところですが、もし不明ならば、改めて対応させていただきます。何とぞよろしくお願いいたします。

https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00450022&tstat=000001031167
2022-05-17-06:23 管理人⇒AKI様
[ 返信 ]
Re: ぴよすけ 様へ
管理人様、統計の保存場所を教えて頂きありがとうございました。
詳細なデータがありびっくりしました。

このデータを元に計算したところ、120日型の医療保険では最低では「平均15.7日の入院支払日数」になると計算されました。
実際には17日くらいまで増えるのではないかと予想します。

統計資料の平均入院日数は29.3日ですから、4か月以上の長期入院を除外すると半分強まで日数は落ち込むようです。

とは言え、医療保険が支払われる入院回数が一生涯で9回だと想定すると、最低でも約141日となり損益分岐点の100日は上回ります。

医療保険は期待リターンがプラスであると言えるでしょう。
2022-05-17-20:51 AKI
[ 返信 ]
ぴよすけ
Re: Re: ぴよすけ 様へ
管理人です。

AKI様、コメントありがとうございます。患者調査はデータの宝庫なので、是非御活用ください。

また、試算お疲れさまでした。医療保険の期待リターンの件については、患者調査の入院と医療保険の入院とで定義が異なることは一旦置いておいて、確率論のプロを有する保険会社が、自社が損する保険を売っている現状はどう理解されておるのでしょうか。

個人的には、仮に期待値がプラスであるならば、多数の解約を前提に設計されていると考えるほかないと思料しますが(この証拠を見つけられれば万事解決なのですが、なかなか困難でして)、そこの論理的な理由づけが行われないまま医療保険の期待リターンはプラスだと指摘をされても、どうしても保険会社を負かせるとは思えないところです。本当に期待値がプラスならば、これは世間一般に是非とも訴えたい事柄だと認識しております。
2022-05-18-18:20 管理人⇒AKI様
[ 返信 ]
Re: ぴよすけ 様へ
あのあと見直していたら、在院期間の解釈の仕方を間違っていました。
在院期間0日は入院と退院が同じ日とのことなので、医療保険的には日数は日帰り入院になるので1日にカウントされますね。
ですので、最低の日数が1日増えて「平均16.6日の入院支払日数」となりました。

データは
閲覧第64表 推計退院患者数,在院期間×性・年齢階級×病院-一般診療所・病床の種類別
を見ています。

ただ、1つ大きな問題が発生していまして、日数の最大値(例えば「30-39日」を40日でカウント)をとらないと、平均在院日数が29.3日にならないんです。
いくらなんでも「30-39日」の平均値が40日になることはあり得ないので困っています。
2022-05-18-20:25 AKI
[ 返信 ]
No Subject
>確率論のプロを有する保険会社が、自社が損する保険を売っている現状はどう理解されておるのでしょうか。

この件ですが、メディフィットリターンのような商品が販売されていることを考えると、少なくとも長年払い込んだ保険料を数十年後に返金するという商品は、保険会社にとって利益が出せる仕組みであると認識しています。

60歳くらいまではそれほど入院しませんから、保険会社は資産運用で稼げますし、中途解約は丸儲けになるので、その辺りで利益は出せるのではないかと思います。
2022-05-18-20:38 AKI
[ 返信 ]
ぴよすけ
Re: No Subject
管理人です。

AKI様、コメントありがとうございます。

平均入院日数については私もやってみましたが、恐らく「5年以上」の平均値をどこに置くかの問題に思えます。推計退院ではなく推計入院を見ると分かりますが、5年以上よりも10年以上入院されている方の方が多いので、この平均値を「10年」としても全く乱暴ではないと考えますので、そうすればよい塩梅に仕上がらないでしょうか。

メディフィットリターンの関係については、例の生涯入院回数の件で試算すれば明らかですが、あれ自体は105%返戻プランも含めて、通常のメディフィットAに比べて期待値が高いわけでも何ともないと認識しておりますので、私の考えが及ばないせいではありますが、メディフィットリターンでもって本件疑問を解消するには至りませんでした。

ただ、中途解約の件は、同様の例を掘り下げたところ、入院日額保障、入院一時金保障を含め医療保険全体として、期待値は支払い保険料を上回るであろうという結論に至りました。
この辺りはいま一度精査して記事にしたいと思います。今では、期待値がプラスだとするAKI様の御指摘が正しいと考えており、当初コメントにて疑念を向けてしまい、大変申し訳ございませんでした。
2022-05-19-13:01 管理人⇒AKI様
[ 返信 ]
Re: ぴよすけ 様へ
精査をして頂きありがとうございました。
5年以上のところを「10年」にすると、29.3日に一気に近づきました。
私は6年で数値を入れていたので、これは大きな違いとなりました。

医療保険は期待値はプラスであるにも関わらず、中途解約をするからマイナスになる、というのは面白い大いなる発見ですね。
中途解約が保険会社の儲けの源泉であるとは!

記事を楽しみにしております。
2022-05-19-21:05 AKI
[ 返信 ]
ぴよすけ
Re: Re: ぴよすけ 様へ
管理人です。

AKI様、コメントありがとうございます。入院日数の補整がうまくいったようでよかったです。10年以上入院する方というのは、もはや医療保険で救われるような事態ではないですし、医療保険の検討においては無視しても差し支えないような感じもします。ただ、短絡的に排除するわけにもいかず。。。

解約の件は、解約が大きな要素を占めるとなると、恐らく解約返戻金のない終身型の保険全般において契約者の期待値はプラスになるので、その辺りの根拠を強化して記事にしていきたいと思います。途中で壁にぶつからないといいのですが。
2022-05-20-18:38 管理人⇒AKI様
[ 返信 ]
Re: ぴよすけ 様へ
がん保険も期待値はプラスになりそうですね。

ひまわり生命の勇気のお守りは、
20歳男性 診断給付金100万円 保険料払込期間60歳
の条件で保険料は月額1,700円、トータルは816,000円です。

がん保険の期待値としては、生涯罹患率65%、1年以上治療する人の割合30%と仮定すると、
(100万円×65%)+(100万円×30%)=950,000円
なので保険料を上回ります。

実際には3回目以降の給付金を貰う人もいますし、再発や完治後に新たにがんに罹患することもあると思うので、さらに貰える金額は増えそうです。
2022-05-21-06:23 AKI
[ 返信 ]
ぴよすけ
Re: Re: ぴよすけ 様へ
管理人です。

AKI様、度々のコメント誠にありがとうございます。おっしゃるように、がん保険も取り上げなければならないと考えております。

しかしながら、二回目の受取条件の、例えば30%なりの根拠も示さねばならぬとも考えており、試行錯誤中です。

また、コメントの趣旨を正確に理解できず申し訳ありませんが、一回目の診断給付金を受け取った65%の人のうち30%の人が二回目の給付金を受け取るとした場合、次の式になると考えます。

(100万×65%)+(100万×65%×30%)=65+19.5=84.5万

したがって、個人的に低いとも高いとも言いにくい30%という仮定を置いて計算しても、期待値がわずかにプラス程度なので、入院一時金の明らかな期待値の高さに比べると、なかなか「ほら、がん保険も期待値が高いでしょ!?」と言えず、結果、試行錯誤中であります。
2022-05-21-21:42 管理人⇒AKI様
[ 返信 ]
Re: ぴよすけ 様へ
すいません。ご指摘のとおりで
(100万×65%)+(100万×65%×30%)=65+19.5=84.5万
の方が正しい数字です。

30%の根拠は保険会社調べの治療期間ですが、母数も数千程度と多くないので、統計としてのしての精度は低いかもしれません。

また、一番の問題はがん保険、特に診断給付金型は再発予防の治療は保険金の支払い対象外としているところです。
治療期間1年超の人の中には再発予防のための抗がん剤治療を受けている人が多くいると思うので、30%から割合は下がる可能性が高そうです。

がん保険は良質な一次データがないので分析が難しいですね。
2022-05-22-10:02 AKI
[ 返信 ]
ぴよすけ
Re: Re: ぴよすけ 様へ
管理人です。

AKI様、いつも御丁寧にありがとうございます。そうですよね、再発予防治療という壁もあって、更に試算困難ですよね。私も引き続き調査していこうと思います。
2022-05-22-21:24 管理人⇒AKI様
[ 返信 ]