fc2ブログ
Top Page › 皆様からの相談 › 低所得者の保険選びをシミュレーション

低所得者の保険選びをシミュレーション

2019-07-24 (Wed) 20:22

 「就職氷河期世代や、フリーランスの低所得者は、どのような保険を選べばよいのか」

 先日、コメントから問われましたので、考えてみましょう。


◆コメント要旨

 ・保険不加入で貯蓄対応の方針には理解。

 ・一方、カツカツで貯蓄がママならない者も存在。

 ・フリーランスは自己破産も危惧。

 ・返戻金がある保険は破産時に解約必須なので要回避。

 ・就職氷河期世代は、若くはない(40代)。

 ・ガンを意識。単身世帯。実家に頼れない。

 ・性質的に金銭管理が不得手。貯金は困難でも保険でなら。


◆私ならどうするか:まずは貯蓄増

 我が身になったと思い、検討します。

 「40歳男性、単身、非正規雇用、手取り月収12万円、月間収支プラマイゼロ、貯蓄ゼロ、賃貸」これでいきます。

 時給900円×8時間×21日で15万円なので、無難な設定でしょう。

 まず、貯蓄可能額を増やします。短期入院や軽度ガンなど高確率・少負担のことまで保険で賄おうとすると保険貧乏確定ですので、これを絶対に避けるために貯蓄増が最優先です。

 貯蓄増のためには、支出を減らすしかありません。私の理念は「今日の贅沢、明日の困窮」ですから、徹底的に減らします。

 特に家賃負担が重いですし、私は住めれば何でもよいので、人気芸人オードリー春日さんが都内で風呂なし39,000円のようなので、最低限この価格帯。

 光熱通信費も、私は既に実践済ですが、スマホは格安SIM(月額2,000円)、電力ガスも自由化を踏まえた契約見直しは当然。

 パソコンも使うとなると、単身なら格安SIM改め、ポケットWi-Fiがベストですか。

 食事も当然、自炊。「健全な食事なくして健康なし」です。たまのラーメン二郎はご容赦を。飲み会は天敵。厳選して最大でも月イチ。

 これで貯蓄可能額が増えるので、あとは強制的に貯蓄される仕組みを作れば完成です。

 自動送金サービスや定期積立などによる強制的な天引きですね。

 保険での貯蓄は勧めません。金銭管理の不得手は天引きで解決しますし、この低金利を固定化させたくないですし、一定期間持たないと元本割れなので入院や結婚資金などに使えませんし。


◆保険選び

 ようやっと保険選びです。

 死亡保険は不要ですが、所得補償保険(就業不能保険)は必要です。

 私は、アクサダイレクトの「働けないときの安心」に月額保障10万円、70歳満了、ハーフタイプの月額保険料2,350円を軸に検討します。

 医療保険は加入しません。長期入院は、70歳までですが所得補償保険の守備範囲です。70歳以降の入院等のリスクは、残る30年間で貯蓄・運用に励みます。

 ガン保険は恐らく加入しません。私の認識は「【終身がん保険必須教養】ガン罹患後の死亡率」で述べたとおり、ガン治療はそう長くは続かないので(遅くとも4年以内に死ぬか治っている)、必要性に懐疑的です。

 それでも、もし加入するならチューリッヒの「終身ガン治療保険プレミアムDX」です。(前身保険の記事ですが、概ね仕組みは同様「最強の終身がん保険『終身ガン治療保険プレミアム』」)

 個人年金保険は貯蓄型保険なので、コメント主様の方針に反するため考えません。ただ、加入するとしても国民年金基金のような公的なものが良いと思いますが。


◆まとめ

 貯蓄の優先度は、保険を遥かに凌駕します。貯蓄出来る仕組みがあってこそ、保険選びが始められます。

 単身者の場合、働かなければならないのに働けない状況が最も恐ろしい事態なので、所得補償保険(就業不能保険)が必要です。
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-07-24

Comments







非公開コメント
管理人さま、こういうの分かりやすくていいですね!
同じく40代の家族有り子供1人(幼児)で最低限の入っておくべき保険などが知りたいです。
2019-07-25-20:33 みー
[ 返信 ]
ぴよすけ
Re: タイトルなし
管理人です。

みー様、ありがとうございます! 世帯になってしまうと、就業形態、方働き・共働き、賃貸・持ち家(ローン有無)等々の要因で、なかなか単純化出来ませんが、記事の場合と同様で死亡保険と所得補償保険(就業不能保険)の検討が必須だと考えます。
2019-07-26-20:38 管理人⇒みー様
[ 返信 ]
ありがとうございます。
生命保険→収入保障保険と
働けなくなったとき就業所得保険、両方に加入したほうが良いということですね。
2019-07-30-14:10 みー
[ 返信 ]
ぴよすけ
Re: タイトルなし
管理人です。

みー様、コメントありがとうございます。はい、ご認識のとおりです。障害年金だけでの生活が難しいと思料される場合は、加入が必要だと思います。
2019-07-30-19:30 管理人⇒みー様
[ 返信 ]
ありがとうございます。
2019-07-31-11:24 みー
[ 返信 ]
会社員です。先日、T&Dの働くあなたにやさしい保険に加入しました。いわゆる、3大疾病型の収入補償保険です。37歳から65歳まで、月3,470円でした。罹患したら65歳まで月5万円もらえます。コスパ凄い良いです。
2020-02-06-23:02 -
[ 返信 ]
シングルマザーの保険
はじめまして。
保険の勉強中のなおまと申します。
シングルマザー43歳、小学生の子ども2人という家族構成です。

保険は以前知り合いに紹介されたFPに言われるがまま加入しましたが、いちどリセットしたいと思い、勉強中です。

仕事は看護師で正社員、賃貸暮らしです。
保険は必要最低限のものでと考えております。
シングルマザーへのオススメ保険を紹介していただけませんでしょうか?

FWD富士生命の収入保障保険
メディフィットがん保険
アクサダイレクト 働けないときの安心
を検討中です。

医療保険は加入しない方向でしたが、自分への保険プラスに加入すべきか悩んでいます。
コープの介護保険も魅力を感じています。

管理人さまであれば、どのような設計をなさいますか?
いちどご意見いただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。
2022-01-16-01:07 なおま
[ 返信 * 編集 ]
ぴよすけ
Re: シングルマザーの保険
管理人です。

なおま様、コメントありがとうございます。保険の見直しは、既に加入した分があるため選択肢が多く難しいと思いますが、参考になれば幸いです。

仮に私がなおま様の状況であれば、収入保障保険と就業不能保障か障害保障のみを備えると思います。具体的には、あいおいかソニーかFWDの収入保障保険に障害保障特約を付加すると思います。保障の広さと保険料の兼ね合いからみて魅力的なものを選択します。

この場合、長期入院やがんの長期療養といったリスクに対応できませんが、そこは切り捨てます(今の私の加入保険でも、当該部分は切り捨てています)。その理由は、詳しくは書ききれませんが、あらゆるリスクに備えることは現金にしかできないこと、個別の超低確率のリスクを低減させるために複数の保険に加入し圧倒的高確率で訪れる平時の負担を増すことはそうした現金の余裕を奪うからです。

また、障害状態を保障しておけば、一定の要介護状態や長期入院状態も保障される可能性があります。あいおいほか二社の障害保障特約でも、要介護保障を明記していたと思います(条件に差異はありますが)。ですから、コープの介護保険は別に必要ないかなと思います。

メディフィットがん保険については、長期療養特化型でもなく、私は別に終身保障は不要だと思っているため、この保険に加入するぐらいなら、保障してもらわなくてもいいという考えですが、保険料が大変安価なので、加入という選択は全然あり得ると考えます。

ということで、私なら、終身保障保険と障害保障特約のみに加入します。最終的なセーフティーネットとしての死亡保障、その一歩手前状態を保障する障害保障で防衛ラインを引き、あとの数多あるリスクに対しては現金等々で柔軟に対応、対応できなければセーフティーネットにすがることになるでしょうねといった感じです。ところで、「自分への保険プラス」はライフネットのHPから見当たらずですが、どうなんでしょうかね。。。
2022-01-16-17:45 管理人⇒なおま様
[ 返信 ]
Re: ぴよすけ 様へ
管理人さま
返信いただきありがとうございます。
参考にさせていただきます!
また何かありましたら質問させていただくかと思いますので宜しくお願いいたします。
2022-01-16-23:29 なおま
[ 返信 ]